~憧れだった着物をまとうだけで
年齢や体型の思い込みがスルスルっと外れ、
洋服のように気軽に着物を取り入れながら
上質ライフ美人になる~

きものLifeプロデューサー
星 君枝

【プロフィール】
岩手県釜石市出身

大手オフィス通販会社在籍中18年目に

好きなことを仕事にするため着物の勉強を始める。

着付け(自装・他装)、伝統色彩士認定講師(和のパーソナルカラー診断士)の資格取得後、

転職のため退社。

着付けの仕事を探したが安定収入にならないことがわかり、

新規オープンの着物屋さんで

週5日勤務の希望が週3日勤務で採用となったが、

2ヵ月後に会社都合で退社。(クビになりました

 

そして着物屋さんの求人に何社も応募するも見事に全滅。

 

やっとリサイクル&アンティーク着物店に採用となり1年6ヶ月在籍後、

以前応募して落選したきもの専門店へリベンジ転職

 

きもの専門店に入社当時、

勤務店のベテラン販売員の成績の良さに驚き

いつか抜くことを目標にしていたが、

いつのまにか店のトップの成績となる。

 

入社9ヶ月で社内年間新人賞を受賞。

2017年11月 赤字続きの店を黒字にすると目標を立てる

2018年4月~6月 連続で予算を達成し、黒字達成

2018年7月28日退社。

 

これまで500人のお客様へ着物美人になるサポートをしてきました。

 

2018年7月29日 きものLifeプロデューサーとして独立。

SOWAREきもの塾主宰。

着物に興味を持った理由の一つは成人式に作ってもらった振袖です。

成人式、友人の結婚式、結納で着用したのち妹と従姉妹に渡りました。

 

もう一つの理由は、幼いころに一緒に過ごせなかった両親が、

私が結婚する際に惨めな思いをさせたくないと

着物一式を持たせてくれたことです。

親の気持ちが本当に嬉しく、また気持ちを無駄にしたくないとの思いがありました。

 

着物歴34年

そのうち30年は自己流に近い着付けで時間がかかる上に綺麗ではなく

今思えば恥ずかしい着方をしていました。

着付けを勉強してからは綺麗に早くを目標に着ています。

 

着物の業界に入り3年半。

よほどの理由がない限り、雨にも負けず風にも負けず

台風でも雪の日でも毎日着物で通勤していました。

 

実は接客もトークも苦手なのに成績が良かった理由は、

・お客様目線、お客様の立場で提案する、または提案しないこともあった。。

・毎日着物を着ていた(最後のお店では毎日着物通勤は私だけでした)

・お客様として関わったお店の販売の仕方がやや強引だったので

絶対そうはしない(性格上できません)

・天然な人柄

だと分析しており、お客様からの評価も同様でした。

 

努力が実を結び新人賞をいただく結果となり、

それが現在の自信となっています。

 

今後は、今までの経験を活かし、

着物を通して、女性を輝かせることを生涯の仕事にしてまいります。

 

 

Copyright(c) since2011 ビジネスラボラトリーパートナーズ(BLP) All Rights Reserved.
異業種交流会ビジラボfacebook